ホーム > 会社概要 > CSR方針、コンプライアンス基本方針、品質基本方針

会社概要

CSR方針

<2018年7月策定>

●CSR方針

鈴木治作株式会社は、経営理念に基づき、持続可能な社会を実現するため、事業活動を通じて、お取引先・従業員・株主等、すべてのステークホルダーとの信頼関係を構築し、以下に掲げる指針に沿ってCSR活動を推進します。

●指針

  1. (1)法令を遵守し、社会規範に沿った責任ある行動を行います。
  2. (2)環境に配慮した活動を行います。
  3. (3)従業員を尊重し、安全で働きやすい職場環境作りに努めます。
  4. (4)お取引先からの信頼を獲得し、公正で誠実な取引を行います。

コンプライアンス基本方針

<2018年7月策定>

1.基本的な考え方

鈴木治作株式会社の役員・社員は、事業活動にあたり、経営理念に基づき、諸法令・社内規程を遵守するとともに、社会規範に沿った責任ある行動を行います。

2.コンプライアンス体制

  1. (1)当社取締役を委員とし、当社代表取締役を委員長とする「コンプライアンス委員会」を組織し、当社のコンプライアンスの徹底を図ります。
  2. (2)「コンプライアンス委員会」は全ての社員に、コンプライアンスの継続的な啓蒙を図ります。
  3. (3)「コンプライアンス委員会」は、コンプライアンス上問題となる行為については、速やかに是正するとともに、原因を分析し、再発を防止します。

3.役員・社員行動基準

  1. (1)人権を尊重し、差別・ハラスメントは行わない。
  2. (2)環境に関する条約及び諸法令を遵守し、環境に配慮した活動を行う。
  3. (3)業務遂行に当たっては、法令等及び社内規程を遵守し、公正を旨とする。
  4. (4)貿易に関する国際的な取決めを遵守する。
  5. (5)情報管理の重要性を深く認識し、守秘義務を守り、情報等の適切な管理に努める。
  6. (6)公私のけじめをつけ、会社の利益に反する行為を行わない。
  7. (7)透明公正かつ誠実を旨とし、節度を越えた接待・贈答等は行わない。
  8. (8)財務・会計に関する記録は、関係法令に従い、確実公正に行う。
  9. (9)反社会的勢力には毅然として対応し、利益供与は一切行わない。
  10. (10)この基準に反する行為については、これを発見した場合、速やかに上長、またはコンプライアンス委員会に報告・相談する。

品質管理(安心品質)の取組み・・・安全性と遵法の取組み基本方針

平成25年4月1日

商品(製品)の「安全性」と「品質における遵法」をお取引先の安心にとって最も重要な品質要件(=安心品質)と位置づけ、この「安心品質」を確実に実践していくための基本方針、製品の仕入企画から販売までの各段階での取組みルール、及び製品に使用する化学物質の基準を定め、体制、取り組みを強化しております。

1、安心品質維持の為の基本方針

  1. (1)安心品質を満たす原材料・部品等の選定
  2. (2)安心品質を前提とした商品仕様の決定
  3. (3)物流工程における品質管理の徹底
  4. (4)適切でわかり易い安全対策情報の提供
  5. (5)お取引先の安全を最優先事項とする迅速なトラブル対応
  6. (6)お取引先様や社会との積極的なコミュニケーションによる安全性の探究

2、製品の仕入企画から販売までの各段階での取り組みルール

  1. (1)仕入企画・・・安心品質のための情報収集・市場調査(お取引様の要請、苦情や事故の事例、法律の規制等)
  2. (2)製品購入・・・安心品質を確認した素材の購入(化学物質調査等)
  3. (3)製品物流・・・安心品質のための品質管理(不具合品の防止、異物や有害物質の混入防止、ラベルや表示の欠落防止等)
  4. (4)製品販売・・・お取引様の安心のための情報提供・サービス(化学物質安全性データシート、取り扱い説明書等)

3、製品化学物質基準遵守基準

人の健康や環境に悪影響を及ぼす可能性のある危険有害物資の製品への使用を管理することで、化学物質に起因する危険有害性を低減する。下記ご参照。

  1. (1)使用を禁止又は廃止する物質・・・PCB、アスベスト、鉛化合物等
  2. (2)使用を監視する物質・・・キシレン等の揮発性有機化合物、金属化合物等